PTSD 鬱病 発達などの悩みご相談下さい。ラカン派臨床心理士によるカウンセリング

フランス人の方へ
護国寺こころの森相談室
フランス人の方へ
  • お問い合わせ・ご予約:03-69020262
  • お問い合わせ・ご予約はこちら

iconコラム

image
ホーム > コラム > 精神分析の実際 > 母国語でない言葉で精神分析を受けること (1)
コラム

母国語でない言葉で精神分析を受けること (1)

フランス人と分析を長年してきたので、よく受ける質問があります。それは「日本語を母国語とする日本人であるあなたが、フランス語で精神分析を受けることに、意味はあるのでしょうか」というものです。私が大学生だった時「いつかフランス人分析家にラカン派の精神分析を受けたい」と言うと、ある教授がこう言いました。「なかなか難しいんじゃないか。あなたの無意識の内容を意識化する―これはひとつの『翻訳』みたいなものだ。その上で、この意識化されたものを、あなたはフランス語に直して分析家に語ることになるのだから、これは2回目の『翻訳』になる。そのような『翻訳』の『翻訳』に、意味があると思うか?」そのような精神分析が全くの無駄だとは言わないけれども、このような二度の「翻訳」のせいで、こぼれ落ちてしまうものが多いのではないかーという否定的な意見でした。

 

確かにそれも考えられるなと思い、率直に意見を言って下さったことにとても感謝しました。それでも結局は教授の意見とは反対にフランス語で分析をしてきて、とても良かったと思っているのですが、この問いはとても大事な問いだと今も考えています。外国語で精神分析をした様々な方の意見を聞いてみたいと思っていますが、さしあたって私がこの問いへの答えとして考えるのは、「転移」のことです。

 

精神分析が行われる、なされるにあたって一番必要な条件が何であるかと問われれば、結局、「転移」があるかどうか、ではないでしょうか。たとえばある日本人がフランス人と精神分析をしたいと考える場合、フランス語が堪能でなくてはならないとか、日本の文化に精通した人を分析家として選ぶべきであるとか、それらが何を置いても重要であるとは私は思いません。なにより一番大事なことは、そこに転移があるかどうか、です。転移があれば精神分析が行われる可能性があるけれども、転移がなければ精神分析は始まらない、ということです。

 

転移についてはフロイトや他の分析家の考えなどまた別のコラムで説明を試みたいと思いますので、ここではラカンの考えを紹介したいと思います。ラカンは分析家について「知を想定された主体」であると言っていて、これを転移の本質であるとしています。これは分析を受けている人が分析家に対して、「この分析家は、自分についての知を持っているに違いない」と想定する、というような意味です。自分に関することを、自分以上に分析家が知っているのではないかーと思うということです。

 

そうは言っても、自分の事は自分が一番よく知っていると思ったり、自分よりも自分のことを理解できる人がいるわけはない、もし自分のことを自分よりも知っているという人がいるならそれは宗教のようなもので、洗脳に近い話だとも思えます。それは確かに正しいわけで、ラカンも、「分析家は分析主体(分析を受けている人)についての知を持っている」と言っているのではありません。そうではなくて、あくまで分析をやっている間、分析主体は自分についての知を持っているのは分析家であると「想定する」と言っているだけであり、結局のところはその知は分析主体のなかにあるのだと言いたいわけです。ラカンはソクラテスの産婆術にならって、産婆にあたるのが分析家であり、この人の助けを借りて、分析主体は子どもを生む―それまで知らなかった自分についての知(真理)を産み落とすーと説明したのです。例えばある症状に悩む人が精神分析を受けるとして、分析家の力を借りて、症状が意味するところを理解(真理としての知)し、症状から解放される―ということです。

 

別の言い方をすれば、分析家に会う時、「この人なら私のことを理解して悩みを解決してくれるだろう」とか「この人になら話してみたい」というのがなければ、分析主体の無意識が開いたり、自由連想がなされるということは、大変難しいと言えるでしょう。分析を始める時、なぜ今、ほかならぬこの時に、分析を始めるのかという問いは必ずなされるものですが、同じくらい「(他の誰かではなくて)この分析家に分析を受けたいと思うのか」という問いは大切で、たとえその時ははっきりしなくても何か答えがあるものだと思います。

そしてこの分析場面で働いている転移の力というのはとても強力で、分析作業がどのようなものになるかを決定する、大きな原因になり得ます。転移は分析作業を進める分析主体の側のモーターのようなものと言えるでしょう。そして分析家の側のモーターは、ラカンが「分析家の欲望」と呼ぶものと言えるでしょう。

 

とどのつまりは誰かがどれほど良い分析家だと考える人を紹介してくれたとしても、本人が転移を起こすということがないならば精神分析をするのは難しいと言えます。精神分析を母国語でやるかどうかや、分析家の言葉をどれほど習得できているかということよりも、そちらの方がはるかに大切なことであると思います。

以上が母国語でない言葉で分析を受けるということについて、一番初めに答えたい事柄です。 ((2)に続く)

 

 

 

ページトップ